<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ホークスヘッド



湖の近くにある小さな村、ホークスヘッドに到着。ホークスヘッドは19世紀初頭まで羊毛の町として栄えた村で、当時の建物がそのまま残る観光スポット。ワーズワースの通ったグラマースクールやビアトリクス・ポターのギャラリー、またカフェやショップ、トイレなどの施設も充実してました。



カフェでランチタイム。前の人が注文していたパンとスープのセットを注文。何のスープかわからなかったけど美味しそうだったからつい。でもすっごく美味しかった。



昼食後はグラマースクールを見学。正直ワーズワースはよく知らないんだけど、せっかく来たんだし。と思って入ってみたけど・・・



ワーズワースが彫ったという机の落書きを見て見学は終了。



グラマースクールを出て町を散策。でももう時間がない。



ポターのギャラリーへも行けず。さらに雨も降り出してきたので近くのピーター・ラビットのショップへ。



あまり可愛くない本場のぬいぐるみ。いや、ピーターは可愛いかな?
おそらく電車が遅れたからだとは思うんだけど、観光時間がすごく短く駆け足だった。もっとゆっくり散策したかったなぁ。
[PR]
by kappanopa | 2011-09-13 00:39 | イギリス2011 | Comments(0)

ウィンダミア湖クルーズ


















[PR]
by kappanopa | 2011-09-12 23:50 | イギリス2011 | Comments(0)

ヒル・トップ



オクセンホルムからウィンダミアの町へ。駅に着いたときに見えていた青空がだんだんと曇り空に。



イギリスは日本と同じ左側通行。でも大きく違うのは運転の荒っぽさ。とにかく乱暴!カーブでだって細い道で対向車とすれ違う時だって減速しない。日本の感覚だとちょっと怖い。



走ること30分、ウインダミア湖西岸の小さな村、ニア・ソーリーにあるヒル・トップに到着。ヒル・トップは、「ピーターラビット」の作者ビアトリクス・ポターが初めて出版した「ピーターラビットのおはなし」の収益の一部で購入し、半生を過ごした家と農場のこと。



ポターが晩年暮らしていた家と庭を見学。入口から家まで続くアプローチには緑がたくさん。



ポターが晩年暮らしていた家。



にぎやかな観光客には目もくれず、ひたすら食事をする羊。


[PR]
by kappanopa | 2011-09-01 17:04 | イギリス2011 | Comments(0)